この記事の説明

この記事ではThe Top 100 Greatest Anime Openings Of All Timeから引用して、海外で人気なアニソンオープニングTOP100を紹介します。注意して欲しいのはアニソンランキングではないということです。もちろん、OPにはアニソンも大きな要素ではありますが、アニソンだけではなく映像も評価の対象になっているというわけです。”The Top 100 Greatest Anime Openings Of All Time”でがは2ヶ月間好きなアニソンのオープニングに関するアンケートを取り、その期間中に集まった票はなんと3473票!日本のアニソンアンケートでもここまで票数があるものは少ないでしょう。その票を元にブログの著者が順位をまとめてコメントを追加したのが引用元の記事です。この記事ではその順位を紹介していきます。この順位が納得行かない!とか海外の人達もわかってるじゃないかなどありましたら、ぜひともコメントでその感想を共有しましょう。なお、1度に全部は記事が非常に長くなってしまいますので何回かに分けて紹介していく予定です。この記事では第100位から81位までを紹介します。

 


 

第100位:青の祓魔師 Blue Exorcist OP 「CORE PRIDE」 (UVERworld)

 

第100位ギリギリにランクインしたのはこのアニメでした。歌がかっこいいのはもちろんのことOPも映像が綺麗です。こういったハチャメチャなバトルがあるアニメって外国人が好きそうですよね(偏見でごめんなさい)。ただ、私の意見を言わせてもらうともうちょっと順位が高くてもいいかなと思ったのですが、そう思っているのは私だけでしょうか。このアニメの主題歌の「CORE PRIDE」は当ブログでも紹介してますので良かったらそちらもどうぞ。

 

第99位:学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD OP 「HIGHSCHOOL OF THE DEAD」 (岸田教団&THE明星ロケッツ)

 

出だしの色使いがすごくいい!第99位にランクインしたのはこのアニメです。背景を灰色にしてキャラクターを色付けることですごい映えますね。序盤のタイトルロゴまでが芸術的で個人的には好きです。中盤からの戦闘シーンも色使いがすごい独特で、歌と合わさってすごいかっこいいOPです。ただ、原文でも書いてありましたが、もっと順位が高くてもいいと思うんですよね。この歌も当ブログで紹介してますので良かったらどうぞ。

 

第98位:家庭教師ヒットマンREBORN! OP 「Drawing days」 (SPLAY)

 

100位、99位と比較的最近の歌が並んでいたので、古いアニメよりも新しいアニメのOPの方がやっぱり好まれるのかなと思いましたがそうではなかったようですね。原文ではこの歌に対して一度聞くと頭のなかで繰り返し再生してしまうくらいいい歌だと書いてあります。家庭教師ヒットマンは私も好きな作品でした。今でもいつの間にギャグ漫画からバトル漫画へと変わったのかが不思議なままです。

 

第97位:Fate/stay night OP 「きらめく涙は星に」 (タイナカ彩智)

 

Fate/stay nightも非常に人気があったアニメですよね。私のいとこが非常にはまっていて、しきりに原作を薦めてきます。ただ、OP自体は取り立てて普通だと思ったのですが(原文でもそう書いてあります)、歌が非常にいいですね。近い将来このブログでも紹介すると思います。この作品の歌は私がコンビニで働いていた時にコラボキャンペーンでよく流れていましたので非常に愛着があります。ただ、聴きすぎて飽きてきた感は否めないですが、それでも良曲であることは間違いないです。

 

第96位:新機動戦記ガンダムW OP 「JUST COMMUNICATION」 (TWO-MIX)

 

ガンダムって海外でも人気があったんですね。こうしてみると、日本のアニメで海外で人気がないものとかほとんどないのかもしれんね。私はガンダムにはあんまり詳しくありませんが、ガンダムのアニソンには詳しいです。そしてガンダムのアニソンはほとんどが神曲な気がします。OPの最中に効果音があるのはこの時代のアニメではよくあるとでしたが、今からすると違和感ありまくりですね。私はアニソンに集中したいので効果音はない方が嬉しいです。

 

第95位:NARUTO -ナルト- OP3 「悲しみをやさしさに」 (Little by Little)

 

ここに来てナルトがランクインしました。海外で一番人気なアニメはなにかと問われると、ナルト、BLEACH、ONE PIECEですし、この歌がこの順位なのも妥当な気がします。ただ、ナルトはOPが非常に多いので今後の順位にも期待したですね。果たして上位にランクインしているアニメはどれが一番多いのか、非常に楽しみです。原文でもこの歌がこの順位であることは妥当だと書いてありますね。

 

第94位:神無月の巫女 OP 「Re-sublimity」 (KOTOKO)

 

私はこの作品に関してはタイトルぐらいしか聞いたことはありませんが、歌は何度も聞いたことがあります。歌は良曲として有名ですよね。歌手はKOTOKOさんで、日本を代表するアニソン歌手の一人ですね。OPを見て一番気になったのは、撮影監督の名前の上にある名前の後に付いている^_^は顔文字のつもりで書いたのでしょうか。だとしたら遊び心があって非常に面白いですね。原文では「このアニメについて知らなかったけれど、OPを見て非常に面白そうに感じた」と書いてありました。

 

第93位:機動戦士ガンダムSEED OP 「INVOKE」 (T.M.Revolution)

 

ガンダム2つ目来ましたね。ガンダムは神曲が多いのでたくさん出てきますね。特にこの曲はT.M.Revolutionが歌っているのでなおさら好きな人は多いのじゃないでしょうか。原文の著者も「T.M.Revolutionを嫌いな人などいるのだろうか」と言っているぐらいですから、外国人もT.M.Revolutionを好きな人は多そうですね。この年代になると、OP中に効果音はなくなってますね。

 

第92位:カードキャプターさくら OP2 「扉をあけて」 (ANZA)

 

カードキャプターさくら来ましたね。このアニメのせいでロリコンが増えたと一部では言われているくらいです。海外でもやっぱり人気なんですね。ちょうど私が子供の頃に放映していたアニメで、残念ながら当時子供だった私はあまり面白いと思わず見ていなかったですね。今20代の人でこのアニメを見てた人は結構多いのではないでしょうか。この順位にこの歌が来るということはこの先でメインテーマがくるのかな。

 

第91位:フルメタル・パニック OP 「tomorrow」 (下川みくに)

 

フルメタル・パニック来ましたね。私はこの原作である小説が大好きでして、22巻あったのですが、一気に読んじゃいました。なので思い出補正もあってかこの歌が大好きです。そのうちこのブログでも間違いなく紹介するでしょう。ロボット物は好き嫌い別れると思いますが、この作品はロボットものがあまりすきじゃない方でも楽しめます。主人公とヒロインのやりとりを楽しむだけでも一件の価値あり。原文では「アニメと歌が非常にマッチしている」と評価してますね。

 

第90位:カードキャプターさくら OP1 「Catch You Catch Me」 (グミ)

 

カードキャプターさくらのメインテーマ来ましたね。今、外国人と心が通じあった気がする。やっぱりこの歌は外せませんよね。おそらく初代OPだから順位がより高いというのもあるでしょうが、それ以上にこの歌のおかげでしょう(と思いたい)。とてもノリが良く、思わず口ずさんでしまう。原文でも「歌が非常にかわいく、それもあってこっちのほうが順位が高いだろう」と言っているので、みんな同じことを思っているんですね。

 

第89位:ソウルイーター -SOUL EATER- OP 「Resonance」 (T.M.Revolution)

※すみません、OPが見れるのが英語版しかありませんでした。でも歌とアニメ両方の雰囲気を感じ取ってもらえると思えるのでこちらにしました。

このOPはすごい!何よりも絵がぬるぬると動く。こういうOPは見ていて非常に引き込まれますよね。そして歌はT.M.Revolution!このランキングの序盤だけでもう2回も登場してますね。T.M.Revolutionが海外でどれだけ人気なのかが知れますね。ただ、個人的にはこの歌とOPも合わさってもっと順位が上でも良かったと思うのですが、原文でもそう言ってますね。うーん、外国人とは心が通じあったと思ったんだけ。

 

第88位:今日からマ王! OP 「果てしなく遠い空に」 (THE STAND UP)

 

まるマシリーズの代表作ですね。この歌初めて知りましたけど、普通にいい歌ですね。カラオケで歌ってみたい曲です。原文ではこの作品のことをべた褒めしてます。「とても心惹かれるOPで、素晴らしいロックソングが新しい土地を探検しようという気にさせてくれる。重すぎず、軽すぎず、1種の完璧なOPと言っていい」というふうに素晴らしい評価をしています。この作品を見たこともないのにすごくうまいこと言ってますよね。

 

第87位:ドラゴンボールZ OP 「CHA-LA HEAD CHA-LA」 (影山ヒロノブ)

 

ここでドラゴンボールがランクインしました。必ずランクインするとは思っていましたが、もうちょっと上の順位だと思ってたんですよね。実はこの歌は高校の音楽祭で歌ったんですよね。それもあってか高校時代を思い出させます。原文でも「この曲は子供時代を思い出させる。当時は毎朝この歌を聞いては一人で馬鹿みたいに歌ってたものだ。そしてこの作品が私を今のようなオタクにしたのだ」という風に、やっぱり子供時代を思い出させてくれる歌ですよね。

 

第86位:月詠 -MOON PHASE- OP 「ネコミミモード」 (ディミトリ・フロム・パリ)

 

このOPがランクインするとは・・・世界は終わった。おそらくこの歌を初めて聞く人はなぜこの歌がこんな高い順位にランクインしているか疑問に思うはず。思わなければ・・・あなたも手遅れです。原文でも次のように書かれてます。「OK, この動画を始めてみた人のためにも、ちょっと説明が必要だと思う。あなたはおそらく少し(おそらくとても)自分が目にした動画に対して困惑しているだろう。しかし、それを2,3度聞いてみよう。すると、その歌はあなたの脳に永遠に刻まれる(強調も原文ママ)」。驚くことにこの歌の作曲家はパリのDJです。

 

第85位:地獄少女 OP 「逆さまの蝶」 (SNoW)

 

ここに来て私の大好きな歌がきました。本当は地獄少女という作品をよく知らないのですが、それでもこの歌は非常に魅力的です。原文でも「神様ありがとう!!このOPがランクインしていて」と書いてあるので、原文の著者とは話が合いそうです。「歌手はアメイジング(驚くほどいい)ボイスを持っている」というほどべた褒め状態です。だた、私に言わせればもっと上位にランクインしていても良かったと思いますけどね。

 

第84位:星方武侠アウトロースター OP 「Through the Night」 (有待雅彦)

 

正直このアニメの存在を原文を読んで初めて知りました・・・多分私が生まれる前ぐらいのアニメじゃないでしょうか。と思って調べてみたところ1998年と思ったほど古くないことがわかりました。歌も初めて聞きましたが結構いいですね。こういう歌はカラオケで歌うと気もいい歌ですよね。日本にいる私が知らないのに外国人はこのOPをランクインさせるぐらい好きだというこのギャップにびっくりです。私が知らなさすぎなだけでしょうか??

 

第83位:Paradise Kiss OP 「Lonely in Gorgeous」 (川瀬智子)

 

この作品も実は知りません。しかし、こうして新しい作品を知ることが出来ました。ただ、私個人としては、どうしてこの作品がランクインしているのかが不思議です。人の好みはそれぞれなので、好きな人がいると言われればそれまでですが、原文でも私と同じ意見です。まあ、このサイトではいろんなアニソンを紹介するサイトですから、こうしていろんな作品に触れてみることも勉強になります。

 

第82位:Gunslinger Girl OP 「The Light Before We Land」 (The Delgados)

 

すみません、この歌が使われているOPがありませんでした。Gunslinger GirlのOPなのでKOKIAの「たった一つの想い」だと思ったのですが、どうやら海外ではOPが変わっていて上記の歌になっているようです。結構衝撃的です。どうして変えたのでしょうか。ただ、この歌も初めて聴いたのですが結構好きです。ただ、Gunslinger GirlのOPといえばKOKIAのイメージが強すぎて、しっくりこない感じがしますけどね。

 

第81位:金色のコルダ OP 「Brand New Breeze」 (Kanon)

 

金色のコルダって海外では”La Corda D’Oro”って表記するんですね。このタイトル見て金色のコルダって全然思い浮かびませんでした。この歌もいい歌ですよね。神秘的な感じがして好きです。あと、関係無いですけど、原文で少女漫画にあたる英語が出てきたのですが、これを英語にすると”girl’s manga”と思うじゃないですか、でも実際は違っていて”shoujo-manga”って書くらしいです。そのままじゃないか!

 


 

以上で100位から81位までの紹介を終わります。どうでしたか。懐かしい歌から、比較的最近の歌まで様々なものがありましたし、中には初めて知った作品もありました。ランキングを見ることで新しい発見や感動を味わえるので、私はランキングが大好きです。人によっては順位が妥当ではないと思う人もいるかもしれません、そういった思いがあればぜひコメントなどを残して共有していきましょう。

 



スポンサードリンク