Giniro Hikousen – Nerawareta Gakuen (supercell)

「ねらわれた学園」は小説を原作とした作品で2012年にアニメ映画が公開されました。

3DCGを使わず、2Dアニメの魅力を示そうとした作品で、PVを見た方はわかると思いますが、3Dアニメによくあるような薄っぺらい絵ではなく、しっかりと描かれている印象を受けました。

思春期の少年・少女の恋愛・友情が中心のテーマとなっており、青春を感じさせてくれる作品です。

キャッチコピーは「季節(とき)が過ぎて、僕らは キセキの意味を知る――」。

歌うのはみなさんもお馴染みのsupercellです。

「小さく演奏して、なるべく小さく歌う」ことを意識しているために、楽器の数を減らして、ボーカルの音量を最小限にしているそうです。

歌いだしのか細い声で一気に引き込まれ、サビの箇所で深い感動を与えてくれます。

7分を超える長い歌ですが、アウトロが長く1分半あります。ここで終わりへ向けての余韻を楽しめます。

アニメのPVも紹介しておきます。美しい絵柄で2Dアニメの魅力を存分に味わってください。

– Full version

 

– PV

 

 



スポンサードリンク